秋華洞

住所 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F
電話番号 03-3569-3620
URL http://www.syukado.jp/index.html
営業時間 午前10時-午後6時

この場所をGoogleで検索

最新情報!
  • %E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%92%E6%8F%8F%E3%81%8F_%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%92%E6%84%9B%E3%81%A7%E3%82%8B_%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg

    トリを描く・トリを愛でる

    1月25日(金)~2月3日(日)会期中無休 入場無料
    ■会場:ぎゃらりい秋華洞 東京都中央区銀座6-4-8曽根ビル7F
    ■展示作家:伊藤若冲、歌川広重、竹内栖鳳、川村清雄、川合玉堂、木村武山、小原古邨(祥邨)、榊原紫峰、宋紫石ほか
    鶏を得意とした伊藤若冲、自らも雀を好み「栖鳳雀」といわれるほど愛好家にも好まれた竹内栖鳳の雀、広重による清々しい花鳥画の短冊、明治洋画の先駆者、川村清雄の油絵などバラエティ豊かな展示をお届けします。
    https://syukado.jp/feature/2019/01/tori.html

    ラベル

口コミ

  • 0 iILCMb_5767621751_cc4397f94e_o.jpg

    『THE 春画』

    おんらいんぎゃらりーを中心に江戸から現代までの日本美術をあつかう秋華洞が、今年の画廊の夜会に選んだテーマは「THE 春画」 ズバリなタイトルにドキドキしてしまいます。

    風刺画が有名な河鍋暁斉の作品をはじめ、艶本、掛け軸などが展示されるそうです。

    秋華洞は西銀座通り沿いのビルの7階にありますが、昨年は銀座の夜会に参加したことで普段いらっしゃらないお客様が沢山いらしたそうです。

    梅雨の夜、しっとりと艶っぽい日本画を銀座の夜会でお楽しみください。

    期間:6月3日(金)~6月5日(日)

    続きを表示する